スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院で花粉症の審査は何科ですか?

花粉症は生活習慣病である。大手製薬会社の社員が行き着いた、本当は薬で治せない花粉症の事実をご紹介しています。


>>>詳細を先にみる


○花粉症の診察は何科へ?

普通、耳鼻科に行かれる方が一般的に多いです。

しかし、本来アレルギー科にかかるべきだと思います。

耳鼻科よりもアレルギー科に変えてからのほうが薬があっていた方も多い様です。

内科もあるアレルギー科でしたら、熱っぽい、だるい、などの症状もきちんと診てもらえますので、こちらもお勧めです。

検査は、血液検査のアレルゲン検査が3,000~6,000円ぐらいで(検査項目数による)、1回の診察代が1,500円ぐらい、薬代が2週間分の錠剤で1,500円くらいですね。

アレルギー科が無い場合は、内科に直接かかっても問題ありません。

内科で以前に処方されたお薬は「クラリチン」。

個人差はあるようですが、眠気が起きないので仕事に差し障りありませんでした。
(通常アレルギー系の薬は寝むけを催すのが特徴)

即効性はありませんが効き始めたら花粉症であることを忘れるくらいよく効きますよ。

一日一錠でいいのも便利です。治療費&薬代は一ヶ月分で5000円位。

だいたい春に15,000円、秋に10,000円くらいは必要経費と考えていました。

しかし、その出費はちょっと大きいですよね・・・


ところで、花粉症は生活習慣病だと知っていましたか!?

大手製薬会社の研究によると、
本当は薬では治せない花粉症の事実があります。

つまり薬で一時的に抑えてフタをするのではなく、
生活習慣を改善して、体質改善をすれば、花粉症から自由になれるということです。

自分の身体を正常に保ってあげることにより、
あの、外の空気を吸うことも出来ない、むず痒い季節から永遠に解放されるわけです。

もし病院での診察や医薬品での一時的な対処療法が、毎年続いているのであれば
この様な療法がお役に立つかもしれませんよ。


>>花粉症改善プログラム【公式サイト】















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。