スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食事と花粉症の原因

花粉症は生活習慣病である。
大手製薬会社の社員が行き着いた、本当は薬で治せない花粉症の事実をご紹介しています。


>>>詳細を先にみる


時代は変わり、都会のど真ん中でも微量のスギ花粉で花粉症になってしまう現代。

原因は、食生活にあると私は考えています。
スーパーやコンビニの食品を見ても分かる通り、ほとんどが化学的な調味料や添加物まみれの人工食品だ。

アレルギー疾患の原因は、インスタント食品やスナック菓子をはじめとしたジャンクフード、
清涼飲料水、缶・ペットボトル飲料、乳製品などなど今の時代の食品を見るとキリがない。

それでもこれらが悪いと気がつく人はまだ少なく、抗ヒスタミン薬などの市販薬に頼っている人が多いようだ。

抗ヒスタミン薬の服用は脳に悪影響を与える。

眠くなる、気がつかないうちに作業効率が落ちる、話す速度が低下する、転倒したりすることもあるそうだ。

居眠り運転で事故を起こすケースもあるのではないだろうか。

こうした危険性を重く見て、アメリカでは4才未満、イギリスでは6才未満の子供が抗ヒスタミン薬を服用することを禁止されているという。

抗ヒスタミン薬は花粉症対策の薬だけでなく、市販の風邪薬や咳止め薬にもみられるので注意した方がいい。

つまり薬で一時的に抑えてフタをするのではなく、生活習慣を改善し、体質改善をすれば、
花粉症から自由になれるということを知って頂きたいのです。

下記HPで詳細を解説しています。
お時間のある方はご覧になってみて下さい。


>>花粉症改善プログラム【公式サイト】





 



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。